読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【脂肪は口から出ていく!】

脂肪が汗に混じって流れていくと思っていてサウナに入ってみたり、揉むことで溶けて流れていくとか思ってマッサージを頑張っている方もいらっしゃるかと思います。


確かにお鍋で肉を茹でると脂が浮いてきて上にたまりますね。でも冷えるとまたお鍋の上で白く固まってラードになっています。
 
身体も水分が多いので溶けた脂が頭の方に溜まって白く固まってたりしたら怖いですね。
 
でもだいたいお腹周りや下半身に溜まりますね。
 
それは脂肪細胞が脂肪を貯めようと頑張って取り込んでいるからなんですね!
 
身体の脂肪は脂肪細胞が口を開けたり閉めたりしてコントロールしているので脂肪細胞が発達しているところに脂肪が溜まります。
 
外から揉んだり温めたりしても減りません。
 
脂肪細胞から出たとしてもまだ身体の中ですのでまた脂肪細胞に取り込まれてしまうでしょう。
 
ダラダラとサウナで汗をかいてもお鍋の中のように水分は減りますが脂は消えないですよね。
 
あと出て行くとしたら尿ですが水ばかりです。身体の何キロもの脂肪が尿から出て行くとは考えられません。
 
出て行く感じが大きいのが便かもしれませんが便はまだ身体の外なんですね。
 
たくさん出たら体重も減っるので嬉しくなりますが身体の中の脂肪とは関係ありません。
 
そこでもう一つ出て行くところがあって口からになるんですね!
 

Yawn

 

汗も尿も便ももし脂肪が出ていたとしても1日それほど出続けることは出来ません。
 
呼吸をすることによって一年中脂肪を排出することが出来るんです!
 
世界中でCO2排出が問題になっていますが自分の口からはどんどんCO2を排出してください!
 
CO2のCは脂肪のCです。口から酸素Oを吸って身体の中で脂肪にくっつけるとCO2になって口から出すことが出来るんです。
 
 
 
【きょうのまとめ】
 
 
たくさん呼吸をして肺からたくさんの酸素を取り込んで血液に溶かしこみ心臓をバクバクたくさん動かして身体中に酸素を送り届けてどんどんCO2を排出していけばいいですね!